相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家、行政書士ツヅラヌキ事務所

相続の調査

行政書士 葛籠貫洋一 ここでは、相続の調査について説明します。

相続には、相続人、相続財産など、全体を調査し把握しておかなければならない項目があります。

ここでの調査を怠ると、後々、相続が無効になったり、
家庭裁判所の審判・調停、さらには裁判となるケースもあります。
専門家にアドバイスをもらいながら、
しっかりと調査することをオススメいたします。



相続人の調査

※相続は、相続できる人と、相続できない人がいます。
 相続できる人は、法定相続人と呼ばれます。
 その名前のとおり、民法で細かく決まっています。
 そして、その相続順位も、決まっていますが、
 遺言状がある場合、ない場合で異なり、
 養子や、行方不明者などの状況には、また規定があります。
 複雑な問題ですので、こちらでご確認ください。
 

相続財産の調査

※相続財産には「プラスの財産」「マイナスの財産」が、
 民法で決まっています。
 みなし財産など、判断が難しいものもありますが、
 後の相続手続に影響しますので、じっくりご確認ください。
 なお、複雑ですので、質問・疑問がありましたらご遠慮なくご相談ください。

法定相続とは?

※相続できる人を、法定相続人と呼ぶと言いましたが、
 その相続順位にも、民法で決められた決まりがあります。
 相続順位は、遺言状がある場合、ない場合で異なり、
 養子や、行方不明者などの状況には、また規定があります。
 


 
安心、納得!相続の無料相談はこちらから!

お問い合わせ:045−951−5189