相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家、行政書士ツヅラヌキ事務所

遺言の保管・執行


行政書士 葛籠貫洋一 ここでは、遺言書の保管・執行について説明します。

遺言書は、もし被相続人がもし亡くなった場合には、すみやかに発見され、効力を発揮するしなければなりません。しかし、その性質上、勝手に書き換えられたりする心配のない場所である必要もあります。

遺言書の種類等により、適切な場所がことなりますので、こちらでご確認ください。

ここでは、遺言の保管、遺言の執行、遺言の取り消しについてまとめてあります。ご参考にしてください。


遺言の保管

※遺言書の保管の方法についてまとめました。
 内容を参考にして、遺言書の保管場所を考えてみてください。
 様々なケースが考えられるので、掲載しているのは一部です。
 不安に思われましたら、一度、私達専門家にご相談ください。
 

遺言の執行

※遺言書を実現させるためには、様々な手続があります。
 遺言ではそれを執行する遺言執行者を指定できます。
 また、遺言の実行手順についてもこちらでまとめましたので
 ご確認ください。
 
 

遺言の取り消し

※遺言の取り消しに関して、民法により「遺言者はいつでも遺言の方式に
 従って、その全部または一部を取り消しできる」と定められています。

 遺言の内容を、全部取り消す場合、一部取り消す場合、によっても、
 手続が異なりますのでこちらでご確認ください。

 遺言書の保管、執行、取り消しはケースによって異なる場合もあり、
 法律も複雑です。分からない部分は私達専門家にご相談ください。
 
 
 
安心、納得!相続の無料相談はこちらから!

お問い合わせ:045−951−5189